【刑事7人】4話ネタバレと感想!仕組まれた冤罪事件と彼女のウソ

刑事7人 season7

廃屋で男性の刺殺体が見つかった。被疑者は逃走している登戸三郎だった。被害者は投資会社の友永と分かった。

第4話、ピンクのぬいぐるみが明かした真実

見逃してしまった方はこちらから⇨「 U-NEXT 」でどうぞ!

「刑事7人」4話視聴率

「刑事7人」第4話が放送されました。気になる視聴率は、10.5%でした!

「刑事7人」4話あらすじ

海老沢は公園近くで登戸を見つける。登戸は、託児施設の『スマイルよつば』に立てこもった。

裁判のやり直し、友永を殺した犯人を探すこと。警察に2つの要求を出した。海老沢は託児所の関係者と感じた。

宝石店の窃盗事件は、荷物を運んだことで実刑になっていた。登戸は窃盗事件は否認していた。

「防犯カメラに写っていた登戸は、人通りの多い繁華街を歩いていた。しかも覆面もつけずに…。」

『インベクトフレンズ』は負債を抱えた時期があった。その頃に宝石店の強盗事件が起こっていた。

友永が託児所のあるビルにいたことが分かった。海老沢は虫を使って専従班にメッセージを送る。

「ジュエリー玉虫で窃盗を決行したのは友永です。罪をかぶってくれる人間が必要だった。それがあなたです。」

保育士・鶴川あずみは登戸と知り合いだった。お金のことで友永と揉めて殺害していた。その罪を登戸に負わせた。

海老沢はピンクのぬいぐるみから鶴川と友永が恋人と確信した。海老沢は拘束された園児の傷を思い出した。

見逃し動画配信サービス「刑事7人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「刑事7人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信しています。
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「刑事7人」4話感想

コメント