【刑事7人】8話ネタバレと感想!証拠のねつ造は拓海の親友を追い詰める

刑事7人 season7

専従捜査班のもとに1通の手紙が届く。それは14年前の事件の犯人からの挑戦状だった。

第8話、未解決の転落事故が動きだす!犯人からの告白。

見逃してしまった方はこちらから⇨「 U-NEXT 」でどうぞ!

「刑事7人」8話視聴率

「刑事7人」第8話が放送されました。気になる視聴率は、11.7%でした!

「刑事7人」8話あらすじ

14年前、7歳の女の子が大型スーパーの屋上から突き落とされた。5歳上の兄が目を離したすきに悲劇は起きた。

被害者の兄・伊藤優は、拓海がルームシェアしている男と同じ名前だった。似顔絵も似ていた。

「命の恩人だよ、お前は。そのケガのせいで警察学校をやめることになったんだよな。」

拓海は薬を飲まされる。容疑者・山吹宝太郎は、優に襲われる。ごめん、部屋からはメッセージが残されていた。

「俺バカだからさ、警察に再捜査してもらう方法それしか思いつかなかったんだ。」

非常階段にいる優を見つける。1週間前、妹が目を覚ました。お兄ちゃん置いてかないで。優は矢吹を追った。

「矢吹が犯人ですよね、証拠は見つけます。」

拓海は優の部屋から髪留めのゴムを持ち出す。矢吹の店から見つかったよう、ねつ造しようとした。

天樹は通報の声からスーパーの店員・粟田と特定する。自分を覚えていなかった、ただそれだけの理由だった。

見逃し動画配信サービス「刑事7人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「刑事7人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信しています。
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「刑事7人」8話感想

コメント