【おかえりモネ】85話ネタバレと感想!15分だけ先生に会いたい百音の気持ち

朝ドラ「おかえりモネ」

傷ついた人が強い、私にはない。神野の言葉は、菜津が否定した。

第85話、百音が想う先生に会いたい気持ち。

「おかえりモネ」85話視聴率

第17週「わたしたちに出来ること」第85話が9月10日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」85話あらすじ

「人は傷つく必要なんかない。絶対にない。何もなくてもいいじゃない、どんな人もいるだけでいいじゃない。」

菜津は宇田川を想っていた。神野も百音もすごい。でも、そこに行けない人だっている。

「君には、なかなか面白いところがある。」

情報は正確に伝え、どう伝えるかが必要だった。人は信用できそうな人の言葉を信じる。朝岡は内田に伝えた。

「私の強みは考えることだと思う。」

神野は自分なりに一生懸命に伝える。自分にしかない強みを探った。百音は菅波の荷物を整理していた。

「先生に話したいこと、たくさんあったんです。私やっぱり、いつか帰って自分のできることしたいんです。」

菅波は百音と待ち合わせをする。少しでもいい、菅波に会いたかった。百音は部屋のカギを返した。

「あなたが投げるモノなら、僕は何でも取ります。」

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」85話感想

コメント