【おかえりモネ】92話ネタバレと感想!もう無力じゃない百音が気仙沼に

朝ドラ「おかえりモネ」

龍己のカキ棚が大きな被害あっていた。明日美からの連絡で、百音は何も考えられなくなってしまう。

第92話、百音の心配と菅波の再会

「おかえりモネ」92話視聴率

第19週「島へ」第92話が9月21日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」92話あらすじ

亜哉子も耕治も携帯にでない。大丈夫だから、心配しないで。未知がメールを送って来た。

「これ、たぶん大丈夫じゃないんだと思う。誰も電話に出ないのはおかしい。」

菅波は、百音に気仙沼に行くように勧めた。最終の便には間に合う。

「また言うの?何もできなかったって。もうそんなに無力じゃないでしょ。」

百音は会社に向かった。菅波が銭湯にいると修理の人が来る。それは宮田だった。

「目の前にいる人を相手に仕事をするのは、とてもキツイことでもあります。」

百音は地域に根付いた仕事をしようとしていた。それは、自分の判断次第では大切な人傷つける。

宮田はホルン奏者だった。6年前のことを恨んだこともある。でも命を助けてもらったこと感謝していた。

永浦家では、たくさんの人でカキの出荷準備をしていた。楽しそうな笑い声、お祭りの準備のようだった。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」92話感想

コメント