【おかえりモネ】78話ネタバレと感想!亮の本当の気持ち幼なじみが語ったあのひ

朝ドラ「おかえりモネ」

『汐見湯』では、百音の幼なじみたちが集まっていた。亮のことを心配して駆けつけた。

第78話、亮の絞り出すような声が悲しみを誘った。

「おかえりモネ」78話視聴率

第16週「若者たち」第78話が9月1日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」78話あらすじ

「決めつけないで、りょうちん船乗ってるとき、ちゃんといい顔してるし。」

市場では獲れた魚の自慢もしている。ただ辛いだけで漁師をしているワケじゃない。未知には分かった。

その頃、菅波は『ウェザーエキスパーツ』に来ていた。菅波と百音の話になる。

「いや、登米にいるときは全然ですが。今日は仕方ないんです。古い友人に何かあったらしく。」

あの日のことは話さない。亮の母親は今も見つかっていない。気を使うことも、使われることもイヤだった。

「何もなかった私なんかが、人に何かを伝える資格とかあるのかなって。」

野坂は神戸の出身、神野が気を使った。一生ずっとこのまま、しょうがない。亮は切ない言葉を吐き出す。

三生は何人もの遺体を見ていた。怖い、ただ怖いって感じた。辛い過去が包みそうになった時、亮が笑いを誘う。

「やっぱ食えばよかったなオムライス。腹へった。」

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」78話感想

コメント