【おかえりモネ】104話ネタバレと感想!あかりの本音と亜哉子が先生を辞めた理由

朝ドラ「おかえりモネ」

龍己は家業を自分の代で終わらせようとしていた。百音は菅波に家族の相談する。

第104話、家族が吐き出した本当の気持ち

「おかえりモネ」104話視聴率

第21週「胸に秘めた思い」第104話が10月7日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」104話あらすじ

「みんな、ここで踏ん張ってやってきた人たちだから。まだ言えないことたくさん抱えている。」

百音は離れたからこそ見えたことがあった。痛みは消えない、その痛みを抱えたまま生きるのは辛い。

「まずは、ここが痛いと言わせてあげるだけでいいんじゃないですか?」

吐き出すだけで心が軽くなることもある。菅波の言葉は、百音を楽にした。

港に毛嵐が出る頃、朝陽がキレイに映る。百音は気象と心についてラジオで語った。あかりが来てくれた。

先生に会いたい、あかりは亜哉子の生徒だった。学校をさぼって会いに行く。

「本当は戻って来たくなかった。でも、お父さんもお母さんも戻れて喜んでいるから。」

あかりは、自分の気持ちを吐き出すことで楽になった。亜哉子は地震の日を思い出してしまう。

「私、学校を出ようとしていた。あなたたちより小さい、あかりちゃんたちを置いて行こうとしていた。」

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」104話感想

コメント