【おかえりモネ】71話ネタバレと感想!百音は追い風を感じたキャスターデビュー

朝ドラ「おかえりモネ」

百音は中継キャスターを引き受けることになった。ある日、未知が東京に来ることになった。

第71話、百音がチャンスを掴んだキャスターデビュー。

「おかえりモネ」71話視聴率

第15週「百音と未知」第71話が8月23日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」71話あらすじ

2016年(平成28年)11月、静岡で水産庁の検討会が開かれる。未知は参加するため東京に来ていた。

「特に何も変わらないね。お母さんがね、お父さんじゃ何も分からないから見て来てって。」

未知は明日美から菅波のことを聞いていた。

「会ってみたいな、お姉ちゃんのために決死の覚悟でカキ食べた、お医者さん。」

『ウェザーエキスパーツ』では、朝岡から神野にキャスターの変更が行われる。百音は中継の練習をしていた。

「まぁ普通はありえないですよね、何の経験もないのに。でも、与えられたチャンスなのかなって。」

クソ度胸がある、菅波は百音を分析をした。そして、百音は菅波を週末に誘った。

中継キャスターのデビューの日、百音はウマく伝えることができた。しかし、神野が緊張をして失敗してしまう。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」71話感想

コメント