【おかえりモネ】86話ネタバレと感想!鮫島の最後の戦いパラリンピック

朝ドラ「おかえりモネ」

2019年9月、百音は東京に来て3年がたっていた。鮫島のパラリンピック選考会が行われる。

第86話、鮫島のパラリンピック選考会。

「おかえりモネ」86話視聴率

第18週「伝えたい守りたい」第86話が9月13日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」86話あらすじ

朝岡は、リアルタイムで気象情報を集めようとしていた。内田のアプリが役に立っていた。

「現地にいる人が知らせてくれる情報の方が早い場合があります。」

テスト運用では500人が集まっていた。長野県からは川の氾濫についての言い伝えが送られた。

鮫島はパラリンピックの選考会で日本代表に選ばれた。これが最後の競技になると決めていた。

『汐見湯』では、お祝いが行われようとしていた。明日美は機嫌が悪い、内田に女性から連絡が来ていた。

「何を心配してるの?僕はすずちゃん以外に興味がないよ。」

その夜、菅波から連絡が入った。容態の安定しない患者が入院することになった。悔しいと思っていた。

「ご家族が入院をえらんだのなら、それはそれでいいって、先生いつも言ってますよ。」

来週には東京に行きます。菅波は百音に報告した。百音は新しい企画を考えてプレゼンに参加した。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」86話感想

コメント