【おかえりモネ】113話ネタバレと感想!新次の美波への深い想いは消えることはない

朝ドラ「おかえりモネ」

百音は新次を、未知は亮を連れて来た。亮は自分が買う予定の船の話を始める。

第113話、新次の美波への深い想い。

「おかえりモネ」113話視聴率

第23週「大人たちの決着」第113話が10月20日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」113話あらすじ

船主は北海道の人、エンジンも新しい。いい船を譲ってもらえる。

「親父、一緒に乗ってくれないか?」

お前の船だ、まだ言うのか?立ち直らなくたっていい、前を向くことはできる。

「俺はな、元に戻ることだけがいいことだと思えないんだよ。元に戻ろうとすると全部止まってしまうんだよ。」

どんなに力を尽くしても戻らないものがある。それでもいい、亮は一緒に乗ることを望んだ。

「俺が漁師をやるってことは、美波がいることが大前提なんだ。それができねえなら船には乗らない。」

自分の人生を生きて欲しい、新次は息子の幸せを願った。亮は、その気持ちを受け止めた。

「耕治、俺がこれにケリつけたら全部なかったことみてえになんねーか?」

新次、おまえは幸せになっていいんだよ。美波の行方は、今も分からない。それでも終わりにしなければならない。

「この海を失くしてでも、欲しい愛はあるけれど、かもめはかもめ。ひとりで海を行くのがお似合い。ありがとう、さようなら。」

新次は、美波の好きな歌を唄った。そして、死亡届けに判を捺した。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」113話感想

コメント