【おかえりモネ】102話ネタバレと感想!百音が気仙沼にいる意味と未知の告白

朝ドラ「おかえりモネ」

百音は『はまらいん気仙沼』で中学生と出会う。どうして気象予報士になったのか聞かれた。

第102話、キレイごとでもいい、誰かの役に立ちたい。

「おかえりモネ」102話視聴率

第21週「胸に秘めた思い」第102話が10月5日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」102話あらすじ

気象予報士になぜなったのか?誰かの役に立ちたいと思った。百音の正直な気持ちだった。

「面白くないっていうか、キレイごとっぽい。」

石井あかりは、百音のラジオ放送をそばで聞くことになった。毛嵐が吹く季節、写真スポットを紹介した。

「気持ち的にここにいられなくなって離れていたんです。いろいろあったから。」

あかりは気仙沼を6年離れていた。どこか似ているのかも知れない。どうかな?あかりは正直だった。

「人間とは何か?人生とは何か?みなさまと一緒に考えて行きたいを思います。」

百音は三生をDJに抜てきした。そして、災害時の避難行動マニュアルを作ろうとしていた。

「いつもこっちから、船港に入る日分かるから。連絡すると来てくれる。でも、いっつもこの時間に帰される。」

未知は亮と一緒に飲んでいた。でも、亮の気持ちは分からなかった。先が見えない気持ちを百音にぶつける。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」102話感想

コメント