【おかえりモネ】66話ネタバレと感想!菅波の新しい道スポーツ気象ビジネス

朝ドラ「おかえりモネ」

先生、何があったんですか?百音は菅波の心の引き出しをそっと開けた。

第66話、菅波は鮫島のことがありスポーツ気象にのめり込む。

「おかえりモネ」66話視聴率

第14週「離れられないもの」第66話が8月16日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」66話あらすじ

「辛いのは僕じゃないんです。生き方を変えなきゃいけなくなった彼の方です。」

菅波は苦しそうな顔をした。

「スポーツ気象ですって、新しいビジネスですか?楽しそうですね。」

朝岡はスポーツ気象に力を入れていた。鮫島が宣伝をした効果もあり忙しかった。

東北方面で大雨が降った、土砂災害の被害も出てしまう。翌日、集落の住民たちは逃げ出して助かる。

「私、来月いっぱいで気象キャスター降ります。」

朝岡は次の道を決めていた。朝岡の代わりは神野が務める。中継キャスターは百音が指名された。

毎朝、百音の顔を見ることができる。サヤカは喜んでくれた。

朝岡は石ノ森章太郎の雨の絵を見つめていた。少し怖い顔を百音が見つめた。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」66話感想

コメント