【おかえりモネ】87話ネタバレと感想!地域に根差す気象予報士が救えるもの

朝ドラ「おかえりモネ」

百音は全国に気象予報士を置きネットワークを作る。地域密着を狙ったプレゼンをした。

第87話、地元を想う百音の第1歩は地域密着型の気象予報士。

「おかえりモネ」87話視聴率

第18週「伝えたい守りたい」第87話が9月14日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」87話あらすじ

地域に気象予報士をおくことで、田植えや農薬散布の日程や海に船を出すこと。医療とも連携する。

「今、在宅医療も増えています。これは知り合いの医師とも相談したのですが…。」

百音は菅沼に相談していた。どこに誰が住みどんな状況なのか?2人は2ヵ月ぶりに会っていた。

『ウィザーエキスパーツ』では、それだけの数の気象予報士を雇うメリットを感じなかった。

「やっぱり地元のことは考えてしまう。具体的に何ができるか分からないけれど。」

身体が2つあったらいいのに、百音は菅波を見つめる。百音さん、光太朗さんと呼び合うようになっていた。

週末にかけて台風が近づいていた。神野は報道キャスターへの話が出る。報道は神野の夢だった。

未知から連絡が入った。島に橋がかかり、亜哉子が民宿を始めようとしていた。耕治が反対していた。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」87話感想

コメント