【おかえりモネ】97話ネタバレと感想!百音が見つけた新しい道コミュニティFM

朝ドラ「おかえりモネ」

百音は東京を離れることになった。菜津は自分の描いた絵と宇田川の絵をプレゼントした。

第97話、気仙沼で見つけた新しい道。

「おかえりモネ」97話視聴率

第20週「気象予報士に何ができる?」第97話が9月28日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」97話あらすじ

そこにいてくれるだけでいい、百音は菜津の言葉に強さをもらった。2019年11月、百音は気仙沼に帰った。

「ただいま、お母さん?お祖父ちゃん?」

亜哉子はカキ棚のことで忙しい、百音の顔を見て戻ってしまう。帰って来た、静かな風が吹いていた。

『海のまち市民プラザ』は、市民の交流の場として春にオープンしていた。悠人が市役所から来ていた。

百音は、毛嵐観光ツアーを企画していた。予測するために気象予報士が必要。しかし、予測を外すこともある。

「私にやらせてもらえませんか?この街に特化した気象情報をお伝えできます。」

『はまらいん気仙沼』は、震災後に立ちげた地域密着ラジオだった。百音は天気予報を伝えることになる。

「こんにちわ、こちらはコミュニティFMはまらいん気仙沼です。はじめまして気象予報士の永浦百音です。」

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」97話感想

コメント