【おかえりモネ】11話ネタバレと感想!空の写真に百音が目を輝かせる

朝ドラ「おかえりモネ」

百音は、気象予報士の本を買った。一般知識編は、思ったよりも難しかった。

第11話、空の写真は百音の目を輝かせた。

「おかえりモネ」11話視聴率

第3週「故郷の海へ」第11話が、5月31日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

宮城県の離島で育った永浦萌音は、天気予報を通じて人々の役に立ちたいと思う。猛勉強をして合格率5%の気象予報士を目指す。失敗と成功を繰り返しながら成長して行く姿が描かれている。

「おかえりモネ」11話あらすじ

初任給でうな重

百音は空の写真を撮っては、雲の名前を調べた。部屋のボードいっぱいの写真が並んだ。

2014年(平成26年)7月、百音は初めての給料をもらう。

「使用期間中の分も入っています。まとめての支払いですみません。」

初任給で、夕飯はうな重にする。

「それで、家賃とか食費とか、おいくらくらいお渡したししたらいいですか?」

サヤカは、月に3万円と決めた。

「お盆休みに一度、実家に帰られい。」

祖母の初盆がある。それを気づかってくれた。百音は気仙沼に帰ることになった。

モネが気仙沼に帰省

菅波が落ちたカボチャを拾ってくれた。

「ぬるま湯に浸かると仕事に戻れなくなりますから、その点は気をつけて。」

百音はサヤカに送ってもらう。

「18歳の夏、あー罪深い戻りたい。」

バスに乗って1時間半、終点の気仙沼を目指した。美しい海を見つめる。

「モネー、おかえり。」

船にのって亀島に向かう。自宅には、母・亜哉子が待っていた。

「ただいま、お祖母ちゃん。」

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」11話感想

コメント