【おかえりモネ】79話ネタバレと感想!同情でもいい亮の想いに百音は

朝ドラ「おかえりモネ」

俺らさ、もう普通に笑おう。光生は絞り出すように声をあげた。震災の日を思い出し泣くのをやめよう。

第79話、同情でもいい亮の告白に百音は…。

「おかえりモネ」79話視聴率

第16週「若者たち」第79話が9月2日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」79話あらすじ

百音の幼なじみたちは、築地に向かった。5人揃っての食事会は久しぶりだった。

「体の痛みも心の痛みも、本人じゃなきゃ分からないですよね。」

菅沼は百音のことを思った。気仙沼では、新次のところに耕治と亜哉子が来ていた。

「俺がこれにサインしたら、亮のこと楽にしてやれんのがな?そしたら美波も喜ぶよな。」

亮は百音に気持ちを伝える。

「何でもするって思って来たよ。りょうちんの痛みがちょっとでも消えるなら、でもこれは違う。」

同情でもいい、でもその想いは救われない。亮は恋をすることに怯えていた。その話を未知が聞いていた。

「りょうちんは誰も好きにならないなんて辛すぎる。お姉ちゃんは正しいけど冷たいよ。」

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」79話感想

コメント