【彼女はキレイだった】最終話ネタバレと感想!夢を叶えるために2人の決断

彼女はキレイだった
楠瀬凛の正体は樋口だった。宗介は言葉を失う、樋口はインタビュー記事を書いた。 最終話、最終回! 二人を襲う波乱の危機!初恋のフィナーレとは?

「彼女はキレイだった」最終話視聴率

「彼女はキレイだった」最終話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「彼女はキレイだった」9話あらすじ

宗介は、樋口のインタビュー記事を断る。しかし、『モスト』には独占記事が掲載されてしまう。 謎に包まれた楠瀬凛の素顔は廃刊を救うことになる。その後、愛は総務部に異動になってしまう。 「ここで一緒に働いてみない?絵本作家になるのが夢だって言ってたじゃない。」 絵本作家・ちかげは、愛を誘った。宗介はニューヨーク行きの話が出る。愛は副社長から聞かされる。 「アメリカ行くの?私なんにも聞いていない。」 宗介は愛のためにどうするべきか悩んでいた。翌日、愛はちかげに断ってしまう。 梨沙は経営者になるための勉強をしていた。やりたいことを見つけた梨沙が愛には眩しかった。 「結婚するのは宗介しかいないって思ってる。でも、絵本が好きって気持ち大事にしたい。」 2年後、宗介は『モスト』の編集長になり愛は絵本作家の夢を叶えた。

見逃し動画配信サービス「彼女はキレイだった」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「彼女はキレイだった」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「彼女はキレイだった」最終話感想

コメント