【彼女はキレイだった】8話ネタバレと感想!廃刊の危機に仲間たちの絆と決意

彼女はキレイだった
16年間ずっと再会を夢見た佐藤愛は、すぐそばにいた。宗介は愛を見つけて抱きしめる。 第8話、愛情と友情の狭間! 仲間たちの絆と決意

「彼女はキレイだった」8話視聴率

「彼女はキレイだった」8話が放送されました。気になる視聴率は、7.2%でした!

「彼女はキレイだった」8話あらすじ

愛は梨沙の手紙を見つけてしまう。宗介への想いが込められていた。それを知った愛は宗介とうまく話せない。 宗介は岸田から廃刊までのカウントダウンを宣告される。会社では雑誌の廃刊が知られてしまう。 「どうして今まで黙ってたんですか?私は13年間働いてきたんです。人生をかけて作って来たんです。」 廃刊を隠したことで宗介は孤立する。愛は新しい企画を提案する。岡島を説得して協力をお願いした。 「みんなの気持ちを考えなかった。気づくのが遅いよな。」 愛にとって大切な人の手は離してはいけない。愛は梨沙ともう一度話そうとするが逃げられてしまう。 「たった1つのことだけで全部だめになっちゃうの?」 愛と梨沙は、お互いの言いたいことを吐き出す。辛いと言えないことが辛い、理沙に誕生日のケーキを渡した。 「MOSTを守るために一緒に戦ってもらえませんか?」 宗介はみんなの前で頭を下げる。昔も今も変わらない、宗介が好き。愛は宗介に告白した。

見逃し動画配信サービス「彼女はキレイだった」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「彼女はキレイだった」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「彼女はキレイだった」8話感想

コメント