【おかえりモネ】77話ネタバレと感想!懐かしい幼なじみが揃った銭湯の同窓会

朝ドラ「おかえりモネ」

百音は亮に会う。喫茶店では、亮が百音に真っ直ぐ見つめて話し出す。

第77話、辛いなら苦しいなら逃げてもいい、優しい言葉が救う。

「おかえりモネ」77話視聴率

第16週「若者たち」第77話が8月31日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」77話あらすじ

「東京って変なとこな、けどなんかいいな。基本誰にも興味ないじゃない、楽でいい。」

「ごめん聞いた、島でのこと。やめてもいいと思うよ。」

亮は父親の代わりに頑張って来た。周囲の期待は亮を苦しめた。百音は引き止める。

菅波は百音の事情を聞き帰ってしまう。未知も気仙沼に帰ろうとした。そこに百音と亮が戻って来る。

「りょうちん、いなくなって探されるなんて、カッコ悪いよ。」

光生と悠人がやって来る。未知は菅波に酷いことを言ったことを反省していた。菅波に連絡をする。

「そういうときに、こっちのことを忘れてしまう人の方が、僕は信用できます。」

気仙沼では、耕治と新次が思い出話をしていた。美波の懐かしい話は新次を明るくしてくれた。

漁師なんてやめてしまえばいい、地元で頑張るのが偉いのか?明日美は亮を心配していた

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」77話感想

コメント