【彼女はキレイだった】7話ネタバレと感想!宗介の告白と明かされた真実

彼女はキレイだった
愛は宗介に自分の気持ちを伝えようとする。しかし、マンションの前には梨沙の姿があった。 第7話、明かされる正体!? 止まらぬ思いとキス

「彼女はキレイだった」7話視聴率

「彼女はキレイだった」7話が放送されました。気になる視聴率は、7.2%でした!

「彼女はキレイだった」7話あらすじ

君が好きだ

愛は、宗介を避けるようになってしまう。梨沙から話してくれるのを待つしかない。樋口は慰めてくれた。 「佐藤愛、君と彼が会ってるの気が付いてる。君が話すのを待つって言ってた。」 樋口は梨沙に伝える。その夜、理沙は愛と話をする。翌日、愛は夏川の自宅に向かった。 「私は先生の本が大好きです。先生の本に励まされて来ました。どうかコラムの執筆お願いできないでしょうか?」 愛は宗介の部屋にワインを届けることになってしまう。 「無事でよかった、ホテルが火事になったとき居ても立っても居られなかった。」 宗介は愛のことばかり考えるようになっていた。君が好きだ、愛は梨沙の顔がちらついて答えることができない。

本物の佐藤愛

レストランチェーンの役員と会食の日、広報誌に梨沙を見つける。 「君は誰なの?どうして佐藤愛のフリをしていた?本物の佐藤愛は?」 宗介は愛の元に走りだす。その頃、愛は樋口と会っていた。雨の中、愛を探した樋口は体調を崩していた。 「この16年間、君にどれだけ会いたかったか。今まで、ごめん。どこにいるの?会いたい。」 行くなよ、樋口の言葉に愛は謝った。2人の想いが時間をかけて、やっと重なった。

見逃し動画配信サービス「彼女はキレイだった」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「彼女はキレイだった」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「彼女はキレイだった」7話感想

コメント