【彼女はキレイだった】9話ネタバレと感想!幸せな2人に襲いかかるモストの存続

彼女はキレイだった
宗介は過労で倒れてしまう。愛は病院にかけつけて、激務をこなす宗介を心配していた。 第9話、史上最大のピンチ! 恋の嵐と驚愕の正体

「彼女はキレイだった」9話視聴率

「彼女はキレイだった」9話が放送されました。気になる視聴率は、7.1%でした!

「彼女はキレイだった」9話あらすじ

宗介は人気アーティスト・アリサの独占インタビューをとった。愛は宗介とのことで樋口と気まずくなる。 気を使わなくていい、樋口は愛の最高の友だちになると決めた。愛は宗介のために弁当を作った。 「モストの存続が決まったら、愛にプロポーズしようと思ってる。もう失いたくない。」 そんな時、週刊誌にアリサのスクープ記事が出てしまう。記事は掲載できない。記事の掲載はできなくなる。 白羽の矢が立ったのは、年齢・性別・国籍すべて非公表の謎の小説家・楠瀬凛だった。 「ねぇ宗介、私は何があっても宗介の味方だよ。」 宗介はメイン記事をなくすことを決める。愛は夏川ちかげのインタビュー記事を書いた。 「自分でも意外なくらいMOSTが好きだった、ここで働く仲間も…。」 新しい副社長に宮城が就任する。宗介は楠瀬凛に会うことになった。楠木は樋口のペンネームだった。

見逃し動画配信サービス「彼女はキレイだった」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「彼女はキレイだった」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「彼女はキレイだった」9話感想

コメント