【おかえりモネ】109話ネタバレと感想!亮の船が戻らない百音の不安と焦り

朝ドラ「おかえりモネ」

1月3日16時06分、港には船が戻って来ていた。海が荒れる前に魚をあげることができた。滋郎は百音に感謝する。

第109話、不安な夜に何もできない無力さが襲う

「おかえりモネ」109話視聴率

第22週「嵐の気仙沼」第109話が10月14日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」109話あらすじ

港では雨が降り続いていた。百音は、コミュニティFM『はまらいん気仙沼』で待機していた。

「沖で操業していた船が戻って来ている。漁船員もどーっと降りて来るし、お金使ってくれっから。」

美佳子は居酒屋を経営していた。ラジオで船員たちを呼び込む。海が荒れても港は商売になった。

滋郎から連絡が入った。亮の船が低気圧にはまって動けないことが分かった。百音は野坂に連絡をする。

「この低気圧は移動スピードが速いので、あと6時間ほどで波の高さは下がります。その場所にいて下さい。」

風を知る内田は百音の判断と同じだった。亮の乗った船に連絡をする。無事を祈るしかなかった。

「あのね、西からの風に舳先を向けてくれ。たぶん、あと6時間したら波はおさまる。」

新次は船に連絡をとった。漁協に来ていた家族たちにも頭を下げる。未知は亮の帰りを待っていた。

「もっと早く言えばよかった。もう全部やめようよって、船とか海とか。私たちってずっと縛られて来たんだよ。」

百音は焦って何とかしようとする。気象予報士は過信してはいけない。朝岡に一撃される。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」109話感想

コメント