【おかえりモネ】106話ネタバレと感想!亮の焦り新次の思い、すれ違う親子の気持ち

朝ドラ「おかえりモネ」

子どもの笑う顔はいいものだ。耕治は細長いテーブルを出して、亜哉子に塾を勧めた。

第106話、亮と未知は新しい1歩を踏み出そうとしていた。

「おかえりモネ」106話視聴率

第22週「嵐の気仙沼」第106話が10月11日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」106話あらすじ

亮くんと話がしたい、未知は亮への気持ちをハッキリしようとしていた。百音が相談にのる。

「雅代さんの7回忌、こいつが海で来れなかったから線香だけでも。」

新次と亮が線香をあげに来た。亮は、キレイごとと言ったことを謝る。2人は別々に暮らしていた。

「いやー、こういうこともないとあいつおは連絡とらないから、よかったです。俺も忙しいから。」

新次はイチゴハウスの仕事をしていた。物を育てることの面白さを実感していた。亮は船を買う相談をしていた。

「親父が好きそうな形だから、手に入れたいんです。」

新次は新しい船を買い、震災で失っていた。新次は、もう船に乗るつもりはなかった。

「年明けには、そっちに行く。挨拶とは苦手なんでけど、助けて下さい。」

菅波の言葉に百音は幸せを感じた。亮は、お金を作るためマグロを釣り揚げようとしていた。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」106話感想

コメント