【おかえりモネ】115話ネタバレと感想!大事なモノを守ればいい龍己の優しさ

朝ドラ「おかえりモネ」

耕治は、カキ棚の仕事をすることになった。やれるものならやってみろ、龍己は最後の釘を刺した。

第115話、龍己の自慢の息子

「おかえりモネ」115話視聴率

第23週「大人たちの決着」第115話が10月22日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」115話あらすじ

百音は、水産養殖業と気象を結びつける情報を調べていた。

「おじいちゃん、これ覚えてる。お父さんが作った笛、ここから芽が出て大きくなったの。」

耕治が養殖の仕事をすること、龍己はどう思っているのか?

「俺のやり方で、そのままやるとしたら無理だ。船の動かし方も知らないで無理だよ。」

何かを続けることは同じことをしなくてもいい、変えた方がいいことは変えて大事なモノだけ守る。

「100年後もお祖父ちゃんみないな漁師さん、いて欲しいけど。」

百音は亮と会う。船で嵐に巻き込まれた日をデータにする。雨よりも風が強く、その場にいる判断は正しかった。

「キレイごとって言ったのは、モネのこと否定したワケじゃないんだ。あのさ、俺もそうだけど…。」

2人で話していると菅波が入って来る。

「19対5か、圧倒的に分が悪いなー。」

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」115話感想

コメント