【おかえりモネ】107話ネタバレと感想!何もできない空回りする百音の思い

朝ドラ「おかえりモネ」

百音は海上気象サービスの提案をするため漁業組合に来ていた。

第107話、百音の思いが空回りする

「おかえりモネ」107話視聴率

第22週「嵐の気仙沼」第107話が10月12日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」107話あらすじ

「あのね、悪くなる予測ばっかりされても困んのよ。」

漁業組合では、『海神くん』という新しい気象サービスを使っていた。百音は個別サービスを推す。

「漁師つーのはね、自分の経験と勘で仕事すんのさ。悪いけど持ってかえって。」

『はまらいん気仙沼』では、三生が放送していた。地元で人気が出ていた。

「俺がみんなに可愛がられてんのは、俺が寺の副住職だからだよ。」

百音はサヤカに相談をする。認めてもらえるのは信用されること、時間がかかるのは当たり前だった。

農家の人から相談される。畑に雨が降らない、その原因を知りたい。百音は過去のデータを調べる。

未知は亮に会っていた。遅くならないように送ってもらった。未知は百音に聞いてもらう。

「向こうだって、それなりに大事に思ってくれてると思う。でも、それ以上踏み込ませてくれない。」

百音は農家の人に結果を報告する。何の力にもなれなかった、菅波からの電話にも出ることができなかった。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」107話感想

コメント