【おかえりモネ】95話ネタバレと感想!ホルンの音色と2人が一緒にいる未来

朝ドラ「おかえりモネ」

菅波は百音の帰りを待っていた。元患者の宮田を紹介する。

第95話、宮田のホルンは2人を癒してくれた。

「おかえりモネ」95話視聴率

第19週「島へ」第95話が9月24日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」95話あらすじ

宮田は2人の前でホルンを吹いた。菅波は抱えていた過去を、百音はトランペットを吹いていた頃を思い出す。

「音楽って、こんなにも背中を押してくれるモノなんですね。」

強くて力がないと誰かのためには生きれない、百音はずっとそう思っていた。

「本当は人はそんなに強くない、なのに明るいし元気だし。何よりすごく楽しそうで。」

百音は島に戻ることを伝える。菅波は結婚を保留にした。

「一緒にいるって、どういうことでしょう?」

「一緒に2人の未来を考えるってことじゃないですか。」

翌日、百音は気象班を辞める話をする。地域密着型の気象予報士をプレゼンする。気仙沼への想いを伝える。

「ただそこにいたいとか一緒にいたいって思えたことが嬉しくて。」

新事業としては認められなかった。ただ、社員のままでいられることになった。何があっても離れない。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」95話感想

コメント