【おかえりモネ】103話ネタバレと感想!未来が見えない永浦家の行くべき道

朝ドラ「おかえりモネ」

何がしたかったのか分からない。未知は百音に悩みを告白する。

第103話、お互いを想い合う気持ちに潰されそう。

「おかえりモネ」103話視聴率

第21週「胸に秘めた思い」第103話が10月6日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」103話あらすじ

『島の里親制度』は、学校や家庭に馴染めない子どもを夏休みに預かっていた。島の体験学習制度だった。

亜哉子は、その時の子どもから手紙をもらっていた。未知の様子が変なことにも気が付いてしまう。

「カキ棚、直さないってどういうことですか?何で私だけ知らないんですか?」

龍己は、カキの養殖を自分の代で終わらせようとしていた。未知は後を継ぐつもりでいた。

「みーちゃん、あんた研究好きだろ?新しいものを探す研究と、育てて出荷するのでは違うだろ」

亜哉子は介護のため仕事をやめていた。心残りがあったのでは?龍己は気にしていた。

「お姉ちゃんはいいね、自分は本当にやりたいこと見つけて。仕事にして、好きな人とも仲がよくて。」

百音は何でも持っている。研究?仕事?亮くん?未知は何を選んだらいいのか分からないでいた。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」103話感想

コメント