【おかえりモネ】61話ネタバレと感想!僕はサメと同じ百音と探るスポーツ医学

朝ドラ「おかえりモネ」

あなたのお陰で助かりました。その言葉を菅波は麻薬と呼んだ。百音は真意を確かめる。

第61話、天気予報は外せない気象ビジネスの難しさ。

「おかえりモネ」61話視聴率

第13週「風を切って進め」第61話が8月9日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」61話あらすじ

「気持ちいいでしょ、単純に。そしてまた言われたいと突っ走る。そうやって僕は、ある人の人生を奪いました。」

菅波は患者の話をした。今は元気に暮らしている。百音は、それ以上聞けなかった。

『ウェザーエキスパーツ』では、鮫島選手のサポートプランを作っていた。中村医師が来てくれた。

9月には選考会が行われる。暑さに弱い鮫島のため、暑熱対策と体質改善を行うことになった。

鮫島はボランティアに支えられて続けて来られた。プロになりスポンサーをつけたいと思っていた。

「暑さを克服して、それに合わせた準備をすれば勝ち目はあります。」

菅沼が担当医になった。暑い中での練習が始まった。菅沼は強制的に夏休みを取らされていた。

雨の中、2人は一緒に帰ることになる。持ちます、百音の傘を菅波が持った。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」61話感想

コメント