【おかえりモネ】100話ネタバレと感想!天気予報で役に立ちたい秋祭り延期の決断

朝ドラ「おかえりモネ」

百音が気象を伝えるコミュニティFMでは、『復活!市民の時間』が放送された。

第100話、楽しみな秋祭りの日の天気予報は?

「おかえりモネ」100話視聴率

第20週「気象予報士に何ができる?」第100話が10月1日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」100話あらすじ

子どもたちは『秋まつり』の参加を集う。11月17日(日)ヨーヨー釣り・射的・焼きそば・クレープの屋台が出る。

「みなさん、ぜひ遊びに来て下さい。」

震災の後、高橋は災害FMを立ち上げた。何かしなければ、ボランティアで参加していた。

百音は日曜日に天気が崩れることを予測する。高橋に1週間の延期を提案する。意見はまとまらなかった。

「建物を遮るものがありません。テントはもちろん、街の看板が落ちる。そんな風です。」

風速15メートルの予報は、瞬間的に30メートルになる場合もある。その日は、アワビの開口日になる予定だった。

16日午後13時、明日のアワビの開口の情報が流される。地元ではアワビを取る人で賑わった。

「本当に風すごくなったね、秋祭り中止にしてよかった。これ、もらって。」

高橋がアワビを持って来てくれた。百音を見て災害FMを思い出した。頑張ってね、力強い応援をもらう。

大学生の水野は町づくりを勉強していた。外の人間には難しい、東京に帰ることを決めた。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」100話感想

コメント