【おかえりモネ】88話ネタバレと感想!不安を除く危険を伝える気象の難しさ

朝ドラ「おかえりモネ」

マリアナ沖で発生した台風12号は、勢力をあげて近づいていた。気象庁は記者会見を行った。

第88話、少し先に起こる未来を伝えて不安を除く。

「おかえりモネ」88話視聴率

第18週「伝えたい守りたい」第88話が9月15日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」88話あらすじ

「本格的な雨が降るまで、あと2日あります。リードタイムは有効に使いましょう。」

雨が降ってからでは遅い。でも、降らないうちに避難するためには伝え方が難しかった。

「たしかに、起きていないことに危機感を抱いてもらうのは難しいな。」

菅波は、患者の病状について少し未来のことを伝える。何が起きるか分かった方が心が安定する。

「大事なものは2階にあげた方がいいです。」

百音は雨が降った時を想定した映像を提案した。50ミリの雨と30メートルの風速、歩くことは難しい。

台風12号は首都圏を直撃した。気象庁は1都6県に大雨特別警報を発表した。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」88話感想

コメント