【青天を衝け】29話ネタバレと感想!この国を救う栄一が改正係を立ち上げ

青天を衝け

明治政府に出仕した栄一は、各省の垣根を超えた特命チーム“改正掛(かいせいがかり)”を立ち上げる。

第29話 栄一、改正する

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」29話視聴率

「青天を衝け」29話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「青天を衝け」29話あらすじ

明治2年11月、栄一は改正掛を作った。静岡から杉浦譲と前島密を呼び寄せる。問題は山積みだった。

「各藩の地図の改定を命じます。また同時に租税の勘定帖のつけ方についても改正を命じます。」

長州や薩摩など栄一に不満を持っていた。しかし、栄一は話を進めてしまう。待っている時間はなかった。

大隈邸では、生糸の話になった。良い桑の葉を食べると、蚕は上質な生糸を作る。栄一は仕組みを説明した。

「新政府の懐を守るのが肝要、われらはそのために粉骨砕身しておるのであります。」

大久保利通は新政府に幕臣が関わることを嫌った。国を良くしたい、栄一は気持ちを伝えた。

春になり、市郎右衛門とゑいが訪ねて来る。立派になった息子・栄一をみて自慢気だった。

栄一が自宅に戻ると惇忠が来ていた。平九郎は新政府に殺された、傷が深かった。

「俺は平九郎に顔向けできなくても、己の手でこの国を救えるなら何だってやる。」

明治4年、郵便が開始される。そして、惇忠が東京に来る。製紙作りに関わることになった。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」29話感想

コメント