【おかえりモネ】最終話ネタバレと感想!無力の自分には戻らない百音の強い想い

朝ドラ「おかえりモネ」

百音は、小さなケースを持って来る。その中にはサックスが入っていた。

最終話、それぞれの生きる道へ。

「おかえりモネ」最終話視聴率

最終週「あなたか思う未来へ」最終話が10月29日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」最終話あらすじ

「これを開けたら、また無力だった自分に戻ってしまいそうで怖かった。でも、戻ってたまるかって思ったよ。」

百音は、ずっと開けられなかったサックスのケースを開くことができた。

「おかえりモネ。」

2020年2月、亮の買った船が港についた。たくさんの人が見守ってくれた。

「俺、亮の船を見るのが怖いんだよ。俺が救われてしまいそうで…。俺が見て泣くのは、もう少し先にしたい。」

耕治は港に来なかった。未知・百音・新次に見送られて、亮は海に向かった。そして、未知は東京に行く。

龍己は耕治とカキ棚へ、亜哉子は子どもたちと海へ。百音が1人で海を見つめていると菅波が来る。

「あなたと僕は違う時空で生きているのか?2年半、会っていない。やっと会えた。」

菅波は百音を抱きしめる。先生、本当にお疲れさまでした。子どもたちの声が聞こえる。雨が近づいていた。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」最終話感想

コメント