【漂着者】7話ネタバレと感想!タトゥーの意味とローゼンの策略

漂着者

ヘミングウェイと対談していた総理大臣は、シャンデリアの下敷きになって死亡する。

第7話、タトゥーに隠された意味と誘拐事件。

「漂着者」7話視聴率

「漂着者」第7話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「漂着者」7話あらすじ

新谷は上司・橋太にヘミングウェイの絵を見せる。総理大臣の首を刺す男の絵は、橋に似ていた。

「ヘミングウェイが未来を変えたってことか?」

翌日、橋は新聞社に退職届けを出した。新谷の父親は収賄事件を追っていた。その原因は総理大臣にあった。

柴田はヘミングウェイに会う。12年前に行方不明になった娘に会いたいと願った。

新谷はヘミングウェイのタトゥーを調べていた。捜査一課長・佐々木の娘が誘拐される事件が起こった。

「絶対的な自信があるんだろう、そばで見てるんだよ。」

柴田と野間は学校に向かう。刑事の娘であることは誰もが知っていた。敬礼をした警察官を疑う。

数週間前、ローゼンは藤沼の秘書に会っていた。総理候補の藤沼に取引を持ちかける。

佐々木の家のインターホンが鳴る。廊下には娘・一惠のランドセルが置いてあった。

見逃し動画配信サービ「漂着者」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「漂着者」は、動画配信サービスAbemaTVで配信しています!
・AbemaTVでは、初回登録なら2週間無料でお試しできます。
・プレミアム限定の作品が見放題になります!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「漂着者」7話感想

コメント