【漂着者】3話ネタバレと感想!狙われたデータと死を預言するヘミングウェイ

漂着者

ヘミングウェイの担当医・国原の遺体が発見された。後宮と同じように胸の前で腕をクロスさせていた。

第3話、預言者なのか犯罪者なのかヘミングウェイの謎の言葉

「漂着者」3話視聴率

「漂着者」第3話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「漂着者」3話あらすじ

NPO法人『しあわせの鐘の家』では、新谷がヘミングウェイに会っていた。国原の死亡が伝えられた。

「霊安室に横たわる姿が見えたんです。僕にはもうどこまで想像で、どこまでが現実なのか…。」

死は連鎖している。ヘミングウェイが予言した。遥香の幼稚園に招かれる。ピアノの演奏に詠美が泣いてしまう。

古郡は新谷に連絡をする。後宮は特殊能力を持った遺伝子配列の研究をしていた。解析されたデータは狙われる。

遥香がいなくなってしまう。ヘミングウェイは、歌いながら絵を描いた。

「私は後宮教授の研究室を調べたいです。」

丸い大きな樽の中、遥香は拘束されていた。柴田はヘミングウェイの絵を参考にしていた。

詠美は教授室に行くが何も残されていなかった。何者かに警告される。そして、古郡が死亡した。

見逃し動画配信サービ「漂着者」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「漂着者」は、動画配信サービスAbemaTVで配信しています!
・AbemaTVでは、初回登録なら2週間無料でお試しできます。
・プレミアム限定の作品が見放題になります!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「漂着者」3話感想

コメント