【漂着者】8話ネタバレと感想!和菓子屋の絵に込められた事件の関与

漂着者

捜査一課長・佐々木の娘、一恵がいなくなり公開捜査になった。佐々木の元にはランドセルが送られた。

第8話、朱鷺の絵に繋がるヘミングウェイの予言。

「漂着者」8話視聴率

「漂着者」第8話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「漂着者」8話あらすじ

ヘミングウェイは、朱鷺の絵を描いた。新谷詠美は佐渡島に向かう。途中で『嘴屋』の看板を見つける。

店内からは少女の悲鳴が聞こえる。店主の息子・関川進には逮捕歴があった。市川妙子への関与が分かった。

「課長の家族を助けたいの、もう誰かが絶望する姿は見たくない。」

新谷はヘミングウェイを頼った。関川にはアリバイがあった。柴田は雲行寺に向かう。嘴屋の饅頭を思い出した。

「もう、パンドラの箱は開けてしまいました。」

ヘミングウェイは総理大臣臨時代理・藤沼に日本の未来を託されてしまう。某国の工作員による危険を察知した。

犯人は1つ先を行く、1つ駒を戻せ。柴田は、嘴屋の家宅捜索を行う。押し入れの中から一恵が見つかった。

関川ふみは足を引きずっていた。私ってキレイ?そう言って、柴田の腹部を刺した。

見逃し動画配信サービ「漂着者」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「漂着者」は、動画配信サービスAbemaTVで配信しています!
・AbemaTVでは、初回登録なら2週間無料でお試しできます。
・プレミアム限定の作品が見放題になります!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「漂着者」8話感想

コメント