【IP~サイバー捜査班】最終話ネタバレと感想!フェイク動画に隠された真実を暴け

IP~サイバー捜査班

ディープフェイク動画の首謀者・永尾は、最期の動画を流して自殺してしまう。動画は拡散されてしまう。

最終話、ディープフェイク

「IP~サイバー捜査班」最終話視聴率

「IP~サイバー捜査班」最終話が放送されました。気になる視聴率は、8.4%でした!

「IP~サイバー捜査班」最終話あらすじ

永尾のパソコンは、遠隔ウィルスに感染していた。動画は加工され桐子香澄の姿が確認される。

真実はフェイクの中にある、永尾のメッセージから安洛が探し出す。メディアアーティスト・西堂と繋がっていた。

「私はただ、彼に分析を依頼しただけで。」

桐子は警察の機密情報の分析を依頼していた。ところが、西堂に脅されてしまう。薬を渡したのは桐子だった。

ネット上ではフェイク動画が作れるアプリが無料で公開される。正しい情報の信憑性を失う。

小宮山は西堂の自宅に向かう。西堂は胸のポケットに小型爆弾を持っていた。多和田は小宮山のスマホを発見する。

「鳥居?とら?けしずみ?」

安洛は送り火の近くを探した。小屋には爆弾が仕掛けられていた。父さんが絶対に助ける。小宮山は助かった。

モイナン諸島ではクーデターが起こっている。安洛はフェイク動画で西堂を逮捕した。

見逃し動画配信サービス「IP~サイバー捜査班」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「IP~サイバー捜査班」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「IP~サイバー捜査班」最終話感想

コメント