【IP~サイバー捜査班】8話ネタバレと感想!ディープフェイク犯罪インフラを追え

IP~サイバー捜査班

警視正・桐子香澄が赴任してきた。ディープフェイク動画の大量流出事件に対応するためだった。

第8話、ディープフェイク

「IP~サイバー捜査班」8話視聴率

「IP~サイバー捜査班」第8話が放送されました。気になる視聴率は、8.5%でした!

「IP~サイバー捜査班」8話あらすじ

桐子はディープフェイク専門の犯罪インフラを見つけていた。京都市内の複数のフリーWi-Fiスポットを突き止めた。

フェイク動画被害にあった大学生が、拡散した相手を殺す事件が起こる。安洛はスポットに現れる男を見つける。

「永尾亨二、現職の警察官ですね。」

警察庁官房審議官・楡井文則は、安洛の警察庁への引き抜き工作をしていた。古宮山は激しく動揺する。

永尾は警察を求職していた。犯罪インフラの首謀者と判断される。フリーWi-Fiスポットを張り込むことになった。

ネットの世界は、むき出しの本能と悪意をさらけだす力がある。安洛は20年近くサイバー犯罪を追い、撲滅するためならどこにでも行く覚悟でいた。

スポットに永尾は現れない。安洛は、永尾がディープフェイクと確認。宅配便の荷物から遠隔操作を行っていた。

永尾の居場所を特定した。毒を飲み死んでしまう。その姿をライブ配信していた。

見逃し動画配信サービス「IP~サイバー捜査班」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「IP~サイバー捜査班」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「IP~サイバー捜査班」8話感想

コメント