【IP~サイバー捜査班】7話ネタバレと感想!家族を守る過去を悔やみデジタル終活

IP~サイバー捜査班

影森裕介が、自宅アパートで遺体となって見つかった。サイバー班の川瀬は応援に呼ばれる。

第7話、デジタル終活

「IP~サイバー捜査班」7話視聴率

「IP~サイバー捜査班」第7話が放送されました。気になる視聴率は、8.6%でした!

「IP~サイバー捜査班」7話あらすじ

影森の自宅には、スマホや身分証などがなくなっていた。安洛はデジタル終活と判断した。

『リサーチサービス』は、影森から過去のデータの消去依頼を受けていた。4年前に詐欺で逮捕されていた。

派手な生活を送っていた影森は、3ヵ月前に町工場に就職する。その日から真面目な生活を送るようになっていた。

大阪で働く影森の妹・瞳には結婚の話があった。解剖の結果、影森は肺がんの末期であることが分かった。

「違法アプリでハッキングした女性の盗撮画像だった。」

投降者の中には、詐欺事件にかかわった酒井大悟がいた。被害者の中には瞳の盗撮動画も見つかる。

「ずっと不思議だったんです。影森さんは借金までして何を隠そうとしたのか。」

8年前、瞳の友人・麗奈は酒井と交際していた。違法アプリを瞳のスマホに入れたのも麗奈だった。

影森は元のデータを削除するため、麗奈に自首を迫る。言い合いになって殺されてしまった。

見逃し動画配信サービス「IP~サイバー捜査班」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「IP~サイバー捜査班」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「IP~サイバー捜査班」7話感想

コメント