【IP~サイバー捜査班】5話ネタバレ!ソーシャルゲーム裏切者はダレだ

IP~サイバー捜査班

ソーシャルゲーム運営会社の鶴本が転落死した。遺体のそばには100枚近くの1万円札が散らばっていた。

第5話、ソーシャルゲーム

「IP~サイバー捜査班」5話視聴率

「IP~サイバー捜査班」第5話が放送されました。気になる視聴率は、7.9%でした!

「IP~サイバー捜査班」5話あらすじ

京都府警サイバー総合事犯係は、鶴本のスマートフォンを復元することになった。ゲーム画面が開かれていた。

『アズーロアドベンチャー』は、アカウントが高額で売買される事件があった。平塚の息子は、このゲームに夢中になっていた。

「実際に参加しているプレイヤーを調べていたようだ。シャイロックは強欲な商人だ。」

社長の吉岡は、元社員・秋原と提携のことで揉めていた。安洛はシャイロックが平塚の息子・拓夢と特定した。

平塚は取調室にいる拓夢と連絡をとる。シャイロックの囮になろうとしていた。近くにいることを突き止めていた。

「アズールアドベンチャー開発の初期から関わった人間だ。」

平塚は文書鑑定を行う。秋原の会社負債を抱えていた。吉岡はシャイロックを秋原と思い込み、提携を急いだ。

会社の金を使い込んだ高堀は、補填するためにシャイロックになった。鶴本にバレて殺してしまった。

「人生は勝ち負けじゃない。仲間を理想を形にしようとがむしゃらだった時、君も同じ理想を持っていたはずだ。」

見逃し動画配信サービス「IP~サイバー捜査班」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「IP~サイバー捜査班」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「IP~サイバー捜査班」5話感想

コメント