【緊急取調室】4話ネタバレと感想!瀕死の容疑者は本音を涙で隠した

緊急取調室

『スリー食品』の工場でガス漏れが発生した。専務の三上聡と従業員1人が死亡した。

第4話、瀕死の容疑者

「緊急取調室」4話視聴率

「緊急取調室」第4話が放送されました。気になる視聴率は、10.1%でした!

「緊急取調室」4話あらすじ

食品廃棄物リサイクルシステム『SY21』は、画期的な商品として注目されていた。エンジニアの橘が誤作動させた。

SNSには自殺を思わせる書き込みもあった。緊急事案対応取調班は、橘から話を聞くことになる。

橘と三上は同級生だった。三上の推薦があって会社に入社していた。梶山は医師・折原を説得した。

「私がやりました。死刑に、死刑にして下さい。お話することはありません。」

『SY21』の開発は橘の力があったから開発できた。しかし、三上の開発として発表されることになっていた。

橘は六本木でホステスをしていた。ある日、三上が店に来て再会する。会社に入り開発に関わった。

「不倫なんかしてない。私に同情してくるあいつがウザかった。」

橘は開発を独り占めしようとしていた。どんなに三上を想っても叶わない、せめて成功が欲しかった。

「だから、あなたを長い長いウソから解放したいの。」

見逃し動画配信サービス「緊急取調室」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「緊急取調室」は、動画配信サービスU-NEXTでこれまでのシリーズが配信されています!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「緊急取調室」4話感想

コメント