【緊急取調室】5話ネタバレと感想!リモート殺人か見守りロボットが残した真実

緊急取調室

1人暮らしをする老人・村松和代が頭蓋骨骨折で亡くなっていた。見守りカメラ搭載ロボット『ハイリー』は床に落ちていた。

第5話、容疑者はロボット

「緊急取調室」5話視聴率

「緊急取調室」第5話が放送されました。気になる視聴率は、12.0%でした!

「緊急取調室」5話あらすじ

和代の傷は2か所見つかった。和代の息子・村松彰は長野に住んでいた。和代のため一軒家を購入していた。

「プライバシーは、このビジネスの心臓です。教えることはできません。」

隣人の土居は、彰から家のカギを預かっていた。和代に盗みを見られ、調査会社のふりをして飯塚万里に連絡する。

「動機なんかどうでもいい、だって母はもう戻って来ない。殺したのが万理だなんて。」

万里は調査書類を見てしまった。それを依頼したのは彰だった。真壁は彰の言葉からパスワードを思いついた。

事件直前の動画には、万里が突き飛ばす映像があった。万里には買い物に依存して破産した過去がある。

「この事件、あなたが仕組んだんじゃないですか?」

和代の再婚相手は事故で亡くなっている。彰が13歳の時にラジコンを動かした。自転車でよけきれず事故になる。

ハイリーは和代の最後を録画していた。その姿は彰に助けを求めているように見えた。

見逃し動画配信サービス「緊急取調室」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「緊急取調室」は、動画配信サービスU-NEXTでこれまでのシリーズが配信されています!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「緊急取調室」5話感想

コメント