【青天を衝け】39話ネタバレと感想!欲望は道徳や倫理よりずっと強い慶喜の想い

青天を衝け

日清戦争は日本の勝利で終わる。栄一の志は果たさせようとしていた。喜作と尾高は慶喜に会うことになる。

第39話 栄一と戦争

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「青天を衝け」39話視聴率

「青天を衝け」39話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「青天を衝け」39話あらすじ

栄一は、ホワイトハウスでルーズベルト大統領と会談する。軍事面のみが注目され、経評価は低かった。

「韓国をロシアの手に渡すわけにはいかん。隣国の日本こそがその独立を助けるべきだ。」

翌年には日露戦争が勃発する。栄一は公債購入を呼びかける演説をするが、その直後に倒れてしまう。

「篤二、後は頼んだぞ。嫡男はお前だ、この家を頼む…頼んだぞ。」

篤二は逃げ出してしまう。そこへ、慶喜がお見舞い来る。

「生きてくれたら何でも話す。だから生きてくれ、そなたともっと話したいのだ。」

1905年ポーツマス条約が調印。ロシアへの賠償請求を取り下げたことで、国民の怒りは爆発した。

栄一たちは、慶喜の功績を後世に伝えようと、伝記の編纂(へんさん)を始める。

「人は誰が何を言おうと戦争をしたくなれば必ずするのだ。欲望は道徳や倫理よりずっと強い。」

慶喜は、その力の大きさを止めることはできなかった。自分が戦の種にならないため光を消した。

見逃し動画配信サービス「青天を衝け」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「青天を衝け」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「青天を衝け」39話感想

コメント