【その女、ジルバ】最終話ネタバレと感想!すべての人に新しい光をラストダンス

その女、ジルバ
2020年10月、「OLD JACK&ROSE」は客足が途絶えていた。新は41歳の誕生日を迎えていた。 最終話、感涙のラストダンス。すべての頑張る人々に新しい光を

「その女、ジルバ」最終話視聴率

「その女、ジルバ」最終話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「その女、ジルバ」最終話あらすじ

出会えてよかった

「OLD JACK&ROSE」は閉店を考えていた。そんな時、スミレの出産が近づいていた。立ち会うことができない、スミレは一人で戦っていた。 「ママ~、代わって下さい。くじらママ~。」 オペラ歌手になったつもりで声を出す。みんなが応援する中でスミレは出産した。女の子が生まれた。家族を持つことはスミレの夢だった。 「命さえあれば何とかなる。だから前を向きましょう。」 新はジルバのバングルを見つめていた。 「いつか見たかったジルバの故郷。それが俺の夢だった。」 ジルバの墓に納めて欲しい。幸吉は新に託した。閉店することが決まった。世の中の流れには逆らえない。 「出会えて本当によかった。」

大切な居場所

「OLD JACK&ROSE」を始めてからジルバは故郷に帰ることはなかった。だから新を故郷に帰そうとした。最後の夜、幸吉とくじらママは踊った。 新は故郷に帰った。ぼんやりとして過ごす日々が続いた。 「魔法が溶けちゃったみたいに。」 幸吉から荷物が届いた。中にはブラジルにいる白浜からの手紙が入っていた。翌日、新は東京に向かう。 ジルバを騙したガタローは、福祉施設にいたことが分かった。日本は戦争に勝った。最後までそう言っていた。 ちはまは日本人移民の夢を叶えた。家族はみな誇りに思っていた。 「私、この店を続けます。この店はジルバの店だから。」 新は、一人でも店を続けると決めた。「OLD JACK&ROSE」は新の大切な居場所になった。白浜がブラジルから駆けつけた。

見逃し動画配信サービス「その女、ジルバ」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「その女、ジルバ」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「その女、ジルバ」最終話感想

コメント