【ドラゴン桜】1話ネタバレと感想!桜木が東大専科を作る今こそ動け

ドラゴン桜
ドラマ「ドラゴン桜」が4月25日(日)からスタート。主演を阿部寛さんが演じています。 第1話、時代に負けるな。今こそ、動け!

「ドラゴン桜」1話視聴率

「ドラゴン桜」第1話が放送されました。気になる視聴率は、14.8%でした!

「ドラゴン桜」1話あらすじ

東大になんて行くな!

龍海学園は生徒の数がへり経営破綻寸前だった。教頭・高原は東大合格者を増やすための案を打ち出す。理事長・滝野は反対だった。 弁護士・桜木を呼ぶが教え子だった水野が来る。行方不明になっていた桜木は落ちぶれた生活をしていた。 「ここで実績を作って、虎ノ門の事務所に戻りましょうよ。」 桜木は滞納している家賃と生活費を交換条件に出した。理事会を納得させる必要があった。分裂している理事会は賛成派が勝った。 「東大に何て行くな、お前らにその価値があるとは思えない。」 何となく生きている。無気力で無関心、東大に行くことはできる。だが、その価値はないと見下した。 岩崎楓はバトミントンのトップ選手だった。天野は東大に興味を持っていた。

桜木のやり方

2年前、桜木は教育コンサルタントをしていた。米山だけが不合格になる。米山は自殺未遂を図った。やり過ぎた指導にマスコミは騒いだ。 村瀬は両親の事故で亡くしていた。卒業したらラーメン屋を継ぐことになっていた。桜木は天野を海に突き落とした。その動画が問題になった。 岩井と小橋は、水野をからかうためにクラスに入った。桜木を海に突き落とす。 「大人をおちょくり、自分が人間として優位に立ったつもりか?」 桜木はバイクで追った。岩井と小橋は学校に逃げ込む。 「お前ら人を追い詰める時は、とことん調べておけよ。俺は元暴走族だ。」 間違いを正すこともしない、目標も与えない。生徒たちは濁ったどぶ川のような目をしていた。教師が責任から目を背けている。桜木はそう感じていた。

動画配信サービス「ドラゴン桜」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「ドラゴン桜」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「ドラゴン桜」1話感想

コメント