【麒麟がくる】27話あらすじと視聴率!光秀が京に探りを戦のない街へ

麒麟がくる

永禄11年(1568年)7月、足利義昭は美濃の立政寺に到着した。織田信長に会うことになる。

第27話『宗久の約束』

見逃した方はこちらからから⇨「U-NEXT

「麒麟がくる」27話視聴率

「麒麟がくる」27話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「麒麟がくる」27話あらすじ

美濃で盛大な歓迎を受ける義昭(滝藤賢一)。しかし信長(染谷将太)は、戦にまるで興味のない様子の義昭を不安に思う。一方、光秀(長谷川博己)は上洛にあたり、三好勢の兵力と朝廷側の意向を探るため、京へと向かった。駒(門脇 麦)を頼り、事情をよく知る伊呂波太夫(尾野真千子)のもとへ。三好は今井宗久(陣内孝則)をはじめとする堺の豪商と強固なつながりがあり、その財力が強さになっているという。宗久の名前を聞いた駒は、かつて丸薬を商売にしないかと持ち掛けてきた商人のことを思い出し、光秀を連れ宗久のもとへ向かう。

出展:公式ページ

京に探りを入れろ

信長は、将軍への忠義の証として大金を用意していた。

「これだけあれば、一万の貧しき民がひと月は過ごせよう。そなたの使い身に染みる。」

戦になれば金がかかる。信長は、その備えのために渡した。刀を見たときの義昭は怯えたような顔をした。武家の棟梁として相応しいのか疑問が残った。

京に上洛するためには、三好と六角がジャマになる。信長は浅井と組んで一戦を交える覚悟でいた。光秀は京を探ることになった。

「もはや京では、織田さまが足利義昭さまを利用して攻め上って来ると噂が広まっています。もっとも、その噂を広めたのはワシですが。」

木下藤吉郎は、信長の命で京にいた。必ず約束を守ってくれる信長に忠実だった。光秀は東庵のところに向かった。

「足利義昭さまの上洛を朝廷がどう受け止めるのか知りたい。」

伊呂波大夫は、近衛と親しい。駒に中継ぎをお願いした。

将軍の神輿を担ぐ

足利義昭と織田信長が京に上洛すれば、三好と戦になる。

「やむを得んのだ、この乱世を納めるには。戦のない世にするには幕府を立て直さねばならない。」

「みんな、そう申して戦をして来たのです。」

京に上洛するなら刀を抜かず、家に火を付けないで欲しい。駒は戦で両親を亡くしていた。光秀は大夫に会いに行く。

「私は今井さまに薬を売ってもらっても構わないと決めました。その代わり戦の手助けはやめて欲しいのです。」

駒は、今井宗久に光秀を引き合わせる。堺は異国との商いで守られてきた。宗久は、京に火をかけない堺を守る。信長に約束して欲しいと願い出た。

鎧兜をつけずに上洛する。信長の家臣たちは、三好のワナだと反対した。信長は足利義昭の判断を仰いだ。義昭は受け入れた。

信長は、柴田勝家たちの意見を受け入れる。義昭は戦を知らな過ぎた。だが、問題は戦のあとのことだった。今は六角を討つ、それからとした。

「十兵衛、そなたは義昭さまのお側につかえるのか?それともワシの家臣となるのか?今それを決めよ。」

「私の心は決まっております。将軍のお側に参ります。」

その後、信長は六角を責めて勝つ。そして、京に鎧兜をつけずに上洛する。室町幕府が新たに動き出す瞬間だった。

「麒麟がくる」27話感想

コメント