【麒麟がくる】24話あらすじと視聴率!世を平らかに覚慶は将軍の器ではない

麒麟がくる

永禄8年(1565年)5月、二条御所にいた足利義輝は三好・松永の子らに殺害される。前代未聞の襲撃事件だった。

第24話『将軍の器』

見逃した方はこちらからから⇨「U-NEXT

「麒麟がくる」24話視聴率

「麒麟がくる」24話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「麒麟がくる」24話あらすじ

三好・松永の子らによるクーデターが勃発、将軍・義輝(向井 理)が殺害される。ぽっかり空いた将軍の座を巡り、京は弟・覚慶(滝藤賢一)擁立派と義栄擁立派に二分する。松永(吉田鋼太郎)と藤孝(眞島秀和)は、三好から命を狙われる覚慶を大和から脱出させ身を隠す手助けをする。一方、義輝の死を知った光秀(長谷川博己)は、松永のもとへ向かい、義輝暗殺を激しく糾弾。松永は、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)から届いた文を光秀に見せる。そこには、朝倉家は覚慶が将軍の器であればかくまう覚悟がある、それを光秀に確かめてくるように、と書いてあった。気が乗らない光秀に松永は、このまま表から身を遠ざけ、越前でくすぶっていていいのかと発破をかける。

出展:公式ページ

光秀の怒りの矛先

覚慶は、一条院から脱出することになる。光秀は朝倉の許可をとり、松永のところに向かった。

「何ゆえです。何ゆえ将軍をお討ちになった。松永さまは京から追い出すだけだとおっしゃった。将軍は義輝さまは決して討たんと。」

松永の子どものしたことであっても松永の罪は重い。これでワシを討て。松永は光秀に銃を渡した。光秀は撃つことはできなかった。

朝倉は書状を出していた。覚慶が将軍の器であれば越前で面倒を見る。必英は覚慶に会うことになった。

京では駒が薬を作っていた。関白・近衛は、伊呂波大夫に会いに来る。

「私は次の将軍は、覚慶でなければおかしいと。」

三好の一派は、いとこにあたる義栄を将軍にしようとしていた。関白は迷っていた。

将軍の器

誰が将軍になろうと何も変わらない。覚慶を選んで命を落とすのはバカらしい。

「次の将軍に誰をするか、命がけでこだわっているのは武士だけ。」

関白が義栄を選べば戦になるかも知れない。戦になって、どちらもなくなればいい。武士がいなくなれば戦はなくなる。伊呂波大夫は、そう思っていた。

覚慶が行方不明になった。そこへ、光秀が覚慶に会いに来る。覚慶は大和の寺に戻ろうとしていた。

「明智とやら、ここにおる三淵たちは命をかけて私を次の将軍にと働いてくれておる。なれど、その大任この私に務まると思うか?」

死にとうない、その気持ちだけで大和から逃げて来た。しかし、兄が亡くなった今は還俗することは決まっていた。

「上杉・武田・朝倉、諸国の大名の支えが後押しがいる。」

光秀は越前に戻り朝倉に会う。朝倉は覚慶を越前に迎えてもいいと考えていた。

「次なる将軍の退位に、あの方はいかがとは存じます。」

光秀は、覚慶の将軍になることを反対した。京では関白・近衛は、次の将軍に覚慶のいとこの義栄を推挙した。

「麒麟がくる」24話感想

(記事内画像出典:公式ページ)

コメント