【麒麟がくる】35話ネタバレと感想!光秀の暗殺計画と義昭の覚悟

麒麟がくる

元亀2年(1571年)秋、光秀は比叡山の戦いで手柄をあげていた。信長から滋賀の地をもらい城を建てようとしていた。

第35話、『義昭、まよいの中で』

見逃した方はこちらからから⇨「U-NEXT

「麒麟がくる」35話視聴率

「麒麟がくる」35話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「麒麟がくる」35話あらすじ

光秀の暗殺計画

光秀は京に上洛してわずか3年、城持ちの大名になった。だが、近江に行くことに気が進まなかった。そこへ藤吉郎が来る。

「幕府は、そろそろ見切り時では。」

信長は帝と朝廷との関係を強化しようとしていた。幕府・摂津は、光秀の暗殺計画をしていた。

光秀は幕府に睨まれている。妻は子どもは人質として京に置いておけ。公方がそう言っている、煕子は藤吉郎の母から聞いてしまった。

「幕府を動かしているのは摂津たち。摂津が十兵衛を追い出したいというのであれば、やむおえまい。」

義昭は信長を信用できなくなっていた。信長と光秀は一体、光秀が近江に行くことで自分から離れようとしていると感じていた。

摂津は光秀を討とうとしている。駒は伊呂波大夫に助けを求めた。

義昭が摂津を切る

大夫は、細川藤孝に連絡をした。光秀は本圀寺の茶会に参加していた。

「摂津遥門どのが貴殿を斬るおつもりでいるらしい。すぐに引き返せよ。」

光秀は義昭のところに行こうとした。その途中で襲われてケガをする。義昭は光秀と話をする。3年前にも同じことがあった。その時は義昭が狙われた。

「古き者を捨て去る、よい区切りでありませぬか。」

武士は将軍を守るためにいる。光秀は信長の暴走するのを止めると約束した。

「従わずとも捉えろ、政所の役を免ずる。」

義昭は茶会を取りやめた。三淵と光秀のために覚悟を決めた。数日後、光秀は大夫と三条西実澄に会うことになる。そして、帝に内密に会うことになる。

見逃し動画配信サービス「麒麟がくる」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「麒麟がくる」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「麒麟がくる」35話感想

コメント