【麒麟がくる】28話あらすじと視聴率!大きな国を作るための信長の采配

麒麟がくる

永禄11年(1568年)9月、足利義昭が織田信長と共に京に上洛する。

第28話『新しき幕府』

見逃した方はこちらからから⇨「U-NEXT

「麒麟がくる」28話視聴率

「麒麟がくる」28話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「麒麟がくる」28話あらすじ

穏やかな都へ

信長が京に登ると三好たちは、摂津や大和に退却する。その頃、第14代将軍・足利義栄が病死してしまう。信長は摂津で戦を仕掛ける。

「こたびの戦いで三好方についた者の扱いを詮議しております。」

三淵は、義輝の暗殺に関わった松永を許そうとしなかった。しかし、松永久秀は暗殺には関わっていない。息子のしたことだった。

義昭は、代々将軍に仕えて来た摂津晴門に幕府の政務を任せることにする。朝倉は三好と手を組むウワサが流れていた。

足利義昭は15代将軍になった。その3か月後、本国寺・将軍御座所にて、三好勢が襲撃して来る。

「この都は穏やかでなければいけない。」

花が咲き誇る穏やかな都に帰りたい。義輝がよく話していた。もう一度、美しい都に戻す。光秀は義昭に約束した。

信長の采配

三好が将軍を襲撃した。足利方の大軍が京に入る。2日後、三好は退却する。

「きっとケガをした人が大勢いるはず。先生、一緒に行きましょう。」

東庵と駒は、本国寺に向かった。駒は光秀の無事を確認して安心する。廊下で義昭とすれ違う。義昭は駒の顔を覚えていた。

「幕府内の何人もの役人が、不正に寺や公家たちの領地を横取りし訴えられています。」

三好は、幕府内の誰かと繋がっている。光秀はそう感じていた。その後、信長は少しの家臣を連れて本国寺に来る。摂津に激しく怒っていた。

「摂津、こたびのことでワシは2つ学んだ。その方だけでは公方さまはお守り出来ぬと言うことだ。もう1つ、この寺を公方さまの御座所として安心していたワシはおろかであったということ。」

信長は新しい城を二月で作るよう指示を出す。どんなものでも使えるものは使う、信長は仏像までも使おうとした。

大きな城が作られようとしている。光秀は壊された仏像を見つめた。

「麒麟がくる」28話感想

コメント