【さくらの親子丼】1話ネタバレ!父親から逃げ出した梨花の無数の傷

さくらの親子丼
ドラマ「さくらの親子丼」が10月17日(土)からスタート。主演を真矢みきさんが演じています。 第1話、行き場をなくした子どもたち

「さくらの親子丼」1話視聴率

「さくらの親子丼」1話が放送されました。気になる視聴率は、5.3%でした!

「さくらの親子丼」1話あらすじ

親子丼に涙

九十九さくらは、『第2ハチドリの家』で働いていた。弁護士の三谷が主帝する子どもシェルターだった。 親と一緒に暮らせない子どもたちを預かっていた。阪巻梨花は、父親から教育虐待を受けている。駆け込んだ梨花を三谷は預かる。 「お腹空いたでしょ。」 さくらは親子丼を作った。梨花の目からは、大粒の涙がこぼれた。阪巻の父親は怒鳴り込んでくる。梨花は成績が落ちると父親から暴力を受けていた。 「なるべく眠らないようにしていた。夢を見るのが怖いから。」 成績が落ちて父親に暴力を受ける。何度も同じ夢を見ていた。

正義感が裏目にでる

正義感が強い弁護士の雪乃は、シェルターの子どもたちと話が合わなかった。梨花が突然泣き出してしまう。 「怖いの、怖いの。お願い助けて。」 雪乃は、梨花の家まで勉強道具を取りに向かった。参考書やノートの他にパソコンを持ち込んでしまう。 「パソコンは、スマホと一緒で持ち込み禁止や。」 梨花は、突然家に帰りたいと言いだす。梨花のパソコンには、父親からのメッセージが残されていた。梨花、帰って来てくれ。 「梨花ちゃんの中に母親に対する憎しみがあるの。」 梨花は父親の元に戻って行った。さくらはサンドバッグを殴る。助けられない、何もできない自分を責めた。

見逃し動画配信サービス「さくらの親子丼」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「さくらの親子丼」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「さくらの親子丼」1話感想

コメント