【さくらの親子丼】2話ネタバレ!雪乃の一生懸命さが試される瞬間

さくらの親子丼
梨花は、虐待を受けていた父親の元に戻ってしまった。雪乃は話を聞いてもらおうとするが相手にされなかった。 第2話、邪悪なエナジー。

「さくらの親子丼」2話視聴率

「さくらの親子丼」2話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「さくらの親子丼」2話あらすじ

シェルターはみんな平等

さくらは、ハチドリを卒業した由夏から連絡を受ける。風俗にスカウトされている夏美を救って欲しい。しかし、その願いは叶わなかった。 室井拓真は、母親から虐待されていた。拓真の母親は首をしめた後、マンションから飛び降りていた。拓真のコタンは雪乃になった。 「お父さんの暴力は?また痛い目にあってるんじゃない?」 雪乃は梨花を心配するが、警察を呼ばれてしまう。多喜が迎えに行く。梨花に対してだけ特別のように感じていた。 「あれ食べたい、親と子一緒ってやつ。」 夏美はシェルターに入居することになった。初めての一人部屋にはしゃいでいた。夏美はスマホを隠し持っていた。 「ハチドリ名物、餃子パーティーでーす。」 拓真と夏美の歓迎会を開くことになった。

少女の信号を見逃すな

餃子作りは、生地をこねるところから始める。希望は餃子作りが上手だった。母親の料理のお手伝いをしていた。 真由子は、リストバンドをもらった門倉に連絡をする。バスケの試合を見に行くことになった。 「それ返すんだ。止めといた方がいいよ、傷つくのは真由子の方だから。」 さくらは、岡林にプロポーズされる夢を見た。 朝子は雪乃を試した。オムライスが食べたい。その願いを叶えたのに食べようとはしなかった。雪乃は怒ってしまう。 「あれは信号なのかも知れない。その信号に気づいてあげることが、その子に向き合うことになるのかな。」 雪乃は、テーブルに残ったオムライスを食べる。こぼれてくる涙を止めることはできなかった。さくらはそばで優しく見守った。

見逃し動画配信サービス「さくらの親子丼」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「さくらの親子丼」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「さくらの親子丼」2話感想

コメント