【麒麟がくる】29話あらすじと視聴率!光秀が暴く腐り切った幕府のあり方

麒麟がくる

永禄12年(1569年)、足利義昭のために二条城が作られようとしていた。

第29話『摂津晴門の計略』

見逃した方はこちらからから⇨「U-NEXT

「麒麟がくる」29話視聴率

「麒麟がくる」29話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「麒麟がくる」29話あらすじ

幕府の醜い内側

織田信長は、近隣から人や物をかき集めて二条城の工事を進めていた。幕府では、将軍の名を借りて金目のモノをかすめとっているウワサもあった。

「調べれば調べるほど、幕府の内側は醜い。」

幕府の中には、寺や神社の金貸しに食い込み利を得ている者もいた。本国寺では、信長の命令で寺や神社から持ち出された物への返納を申し出る者がいた。

「京には、織田の家臣たちも残る。一度に返すのは角が立つ。目立たぬようにじゃ。」

駒は、義昭のところに来ていた。貧しき者のために『悲田処』を作りたい。しかし、幕府には金がなく作ることは難しかった。

光秀は、見知らに男の子から手紙を受け取る。伊呂波大夫から頼まれていた。

「私は摂津たちに追われている。三好たちと先の将軍・足利義輝の暗殺に関わったという理由じゃ。」

近衛前久は、二条の発言によって追われていた。己のことばかり考えている幕府、それを変えられるのは信長だけと思っていた。

信長の力で二条城が完成

光秀は、妙覚寺に来ていた。木下藤吉郎は、光秀が近衛に会ったことを知っていた。

「公家衆には、お気を付け下さい。あの方たちは、必ずどこかの寺と繋がっております。油断すれば足をすくわれます。」

藤吉郎は、あらゆる公家たちの実情を掴んでいた。朝倉と三好が繋がっている。美濃を失えば京も危ない。信長は戦のため京を離れようとしていた。

光秀に横領の疑いがかけられる。

「私は公方様から領地を頂きました。上洛を支えた礼にと、まさか横領した土地とは思いもしませんでした。」

誰がどこで横領したのか?そのことを公家は知らない。摂津に聞いても覚えていないとした。

光秀は御所に向かった。壁は壊されたままだった。その年の4月、二条城は完成した。立派な城は信長の力を示すには十分だった。

「越前の朝倉義景の件で、そなたの話を聞いておきたい。」

見逃し動画配信サービス「麒麟がくる」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「麒麟がくる」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

麒麟がくる29話感想

コメント